2013年05月15日

子を助けない勇気。

すごく考えさせられる番組を見たので、続けて投稿ダッシュ(走り出すさま)

震災時の避難について・・・。


みんなが安全に避難するようにと進んでいく番組だったけど、

テーマとなっていたのは、子供達と親の避難について。


いざ震災がきて、津波がくるとわかったとき、

もしも子供と別々の場所にいたとしたら、子供の年齢や、いるであろう場所にもよるけど、

ほとんどの親が、子供を助けに行くと思う。


でも、この行動が残念なことに結果として、親だけが津波にのまれてしまい子供は自分で

逃げて助かっていたという事態になってしまっていたとのこと。


大事なのは、「それぞれが、自分で逃げる!」という心構え。

そしてもっと大事なのは、

「子供は自分で逃げるから親は助けにいかない」

という、約束を家族で決めること。


・・・。


番組では、学校でそう教えてもらった女の子が両親と、

その約束をしていて、「私は自分で逃げられるから、絶対助けに来ないでね」と、

親に言い、「本当に助けに行かなくていいんだね?」とパパが女の子に言うと、

不安が押し寄せたのか、泣いてしまう女の子。


これって、本当に難しすぎる・・・。


絶対助けに来ないでと、断言するなんて子供には不安が大きすぎる。

いざそうなったら、スーパーマンのようにパパやママが助けに来てくれる!と願うに違いない。


我が家のゆう君は、まだ小さいからこの話の対象ではないけど、

あっという間にそんな年齢になる。


果たしてこの約束を守れる人が何人いるんやろ。


子は守れても、親が守れないと思う。。


実際に、一刻を争う災害が起こったときに、

「あの子は大丈夫!さぁ自分は逃げよう!!」

と思えるのか。


もしかしたら、動けないかも。

もしかしたら、どこに逃げたらいいかわからないかも。

もしかしたら、恐くて私を待ってるかも。

もしかしたら・・・


そんなことを考えながら、足は避難場所とは逆の方向へ助けに走り出してると思う。



お互いを信頼する。


家族で何度も話し合い、避難の場所を明確にする。

そして、子供の力を信じる。


みんなが安全に助かるために、この大事な大事な約束事をする。


子を助けにいかない、勇気。愛情。

本当に深く考えさせられる番組でした。



baby雑貨のおみせnico <イベント・ワークショップ情報多数掲載中!!>




ブログランキングに参加しています。
ワンクリックで、ゆう君を応援してください☆★☆


人気ブログランキングへ
 

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ


posted by emi at 10:32| Comment(0) | ゆう君2才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

「blogランキング」に参加しています。ゆう君を応援してください。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。