2015年11月27日

トトロと魔女の宅急便から学んだこと

最近の妹ちゃんは、魔女の宅急便とトトロにはまっております。

20151127113056073.jpg

セリアで買った赤リボンをつけて鑑賞。

20151127113113793.jpg

トトロは、つけると30分くらいはテレビにくぎ付けになるので、
トトロさまさま(笑)

忙しいときに本当に役立ってます(^m^)
20151127113202574.jpg

私もこの二つは本当に大好きで、誰よりも回数見てる自信ありますね・・・。
たぶんセリフもすべて覚えてる!

最近は見方も変わってきてます(^m^)
例えば、となりのトトロの中で好きなのははサツキとメイのお父さん(笑)

なぜかというと、子供達の話を絶対にないがしろにせずに常に前向きの返答をしているから。
私も日常、子供達の相手をしているとつい面倒になって適当な返事をしてしまうこともあるけど、
サツキたちのお父さんなら絶対、夢のある返答をどんな時もするはず。

そんなことを思うと、ちゃんと子供の年齢に合わせた答えをいつも言ってやりたいなと思うのです。

トトロ見すぎ・・・(笑)
晩御飯を作ってて、ホウレンソウをざくざく切っているときは、必ずサツキが朝ごはんの用意している
場面を思いだします(^^;)
ちなみに芋系のものを切ってお鍋に入れるときは、日本昔話を思い出す私(笑)

魔女の宅急便では、私の好きなキキのセリフがあります。
新しい町をみつけたキキに、ネコのジジが「もう他の魔女がいるかもしれないよ?」と言った時に、
キキは「いないかもしれないわ♪」というところ。

いるかもしれないけど、いないかもしれない方を信じているところが、前向きでいいなと思っています(^^)

私もだけど、ゆう君と妹ちゃんには常に前向きな希望を持っていてほしいので、ジブリの話は本当に良いと思っています!!!

そして今日は、久しぶりに「ホタルの墓」を見てみました。
最初の5分で号泣・・・。
あとも予想通りの涙だったけど、これを見て気が付いたことがありました。

お兄ちゃんとセツコがでてくるけど、私の頭に中ではお兄ちゃんにゆう君を重ね合わせ、
セツコに妹ちゃんを重ねあわせてみていたこと。

トトロを見るときは、サツキにゆう君を重ね合わせ、メイに妹ちゃんを重ね合わせて見てる。

・・・。

たった4才のゆう君に。

妹ちゃんがが産まれてなければきっと、メイやセツコにゆう君を重ね合わせて見ているはず。
現に、メイの年齢設定は4才だし。

日常でも4才のゆう君に、私は小学生くらいの出来を求めてしまってるのかもしれないと思いました。
これでは先に生まれたゆう君がかわいそう。

もっと、出来ないことや言う事聞かないこと、わがままや泣き虫であることを認めてあげたいと
今日強く思いました・・・。

12月になると5才になるゆう君。

メイみたいに天真爛漫に過ごしてくれますように(^^)



20151127113220478.jpg
posted by emi at 11:33| Comment(0) | ゆう君4才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

ゆう君の七五三参り。

そういえば、先日ゆう君の七五三参りに行きました(^^)
四苦八苦しながら仕上げた羽織も、なんとか形になり、ホッ(笑)

朝からスタジオアリスに撮影に♪

20151105223149035.jpg
20151105223134197.jpg

刀を持たせてもらえて、上機嫌なゆう君☆
せっかくなので家族写真も撮ってもらって、サクッと終了!

妹ちゃんがぐずったらイヤやなと思ってたけど、
撮影中は微動だにせず、真顔で固まったまま(笑)

でも十分それで満足です…(^-^;


そして、近くの神社に移動して私の両親も合流。

ご祈祷の後に昼食を食べに行く予定をしていて、その時には窮屈な着物を脱がせてやろうと思ってたのに、
まさかのアリスに洋服忘れが発覚…(--;)

うまい具合に近くでフリマがやってたので、
適当な服を買って、事なきを得ました(笑)

ご祈祷の間は、ちゃんと静かに座ることが出来て、成長を実感…(^-^;

チョロチョロする妹ちゃんを見る、いつもの優しいお兄ちゃんの一面も(^^)

20151105223622744.jpg
20151105224115925.jpg

ゆう君は本当に良いお兄ちゃんになりました☆
とにかく、誰よりも妹ちゃんが可愛くて仕方がないみたいで、
考え付く全ての愛情をゆう君なりに妹ちゃんに注いでます。

ブロックで作った力作も、お砂場で作った山も、幼稚園で作ってきた作品も、
ことごとく妹ちゃんに潰される(--;)けど、
ゆう君は怒らず、「赤ちゃんやから仕方ないな」と。

妹ちゃんがごはんを散らかしたり、お皿をほったりした時も、
私がしつけの為に、妹ちゃんを怒って食事を片付けると、
こっそり自分のごはんを食べさせてあげてたり。

お兄ちゃんに守られて、どんどん強くなっていく妹ちゃんと、
どんどん優しくなっていくゆう君。

そういえばこの間、あまりに腰痛が辛くて1才8ヶ月の妹ちゃんの授乳をそろそろやめようかなと思って、
何気なくゆう君に言ったら、
真剣な目で、「赤ちゃんやのにかわいそうやん!2才まではあげて!」と。

ゆう君も2才でやめたことを、私が言ってたのか忘れたけど、
ストレートにそう言われたことが、とても心に響き、やっぱり2才まであげることにしました。

自分の腰痛なんかに負けて、やめてたら絶対後悔が残った気がするし、やめなくて良かった。
ゆう君は、「ゆう君の方が妹ちゃんの気持ちよくわかる!」と、言ってたけど、
確かにそうやな。、


妹ちゃんのイヤイヤ期が始まりかけて、私がいっぱいいっぱいになりそうな時も、
真っ直ぐなゆう君に助けられることが本当に多い。
正直で一生懸命で素直なゆう君。

もうすぐ5才。

あんなに小さかったのに。
20151105230312163.jpg

七五三なんて、ただ記念写真とるだけの儀式やと思ってたけど、
ご祈祷してもらってる間、なんだかすごく嬉しくて、ゆう君の成長した横顔を何度も見た私でした(^^)

まだまだ泣き虫だけど、どんどん少年になっていくゆう君。

ママ大好きと、1日に何回も言ってくれるこの幸せがまだまだ続きますように…(^ー^)
posted by emi at 23:12| Comment(0) | ゆう君4才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

感受性。

昨日の晩御飯時、ちょっとした出来事が。

旦那さんは仕事だったので、ゆう君と妹ちゃんと私の3人で食べていたときのこと。
妹ちゃんがコップを落としてしまい、私が拾おうとしたらゆう君がコップを蹴ったのです。

これは叱っておかなければと思った私は、すぐにゆう君の夕食を片付け、「もう食べなくていい」
と、ゆう君に。
泣きながらごめんなさいと言ったり、ごはん食べたいと言ってるゆう君に、なんでコップを蹴ったのか理由を聞いたり、ゆう君を叱ることに徹してた私の横で、「ドンッ!」と鈍い音…。

しまった!と思った時には遅く、妹ちゃんの火が付いた様な泣き声・・・

椅子の上に立って、なにやらしていた妹ちゃんが後ろ向きに落下(T_T)
あぁ、やばい・・・

仰向けに転がったまま泣いてる妹ちゃんの手にはボールペン。
抱き上げると口から血がボタボタ・・・

!!


口の中で何が起こってるのかも見えないほどの血(>_<)
泣いてるヨダレと共に、ダラダラ溢れ出て流れる血。。
よく見ると舌の中央が切れてる(>_<)

とりあえず泣き叫ぶ妹ちゃんを抱き、
血を止めようと、ガーゼで押さえながら片手でスマホで近くの口腔外科を調べ、電話!

かなり焦ってたから、もちろんゆう君を叱ってたことなどどーでも良くなり、なんやらかんやら言ってるゆう君は放置。

電話で先生に今すぐ行くべきかとか、重症度合いの程度をいろいろ聞いてるうちに、
血も止まり泣き止んだから、様子を見ることに。
(先生曰くは、血がドクドクと止まらなければ、血管まで切れてるかもしれないから救急に行くべきと。)

頭のたんこぶも心配だったけど、とりあえず様子見。

傷は痛々しいけど、夜寝る頃にはケロッとしていたので、血の量から察した程重症ではないみたいでした…(--;)

それにしても、かなり焦りまくった。。


泣き疲れたのか妹ちゃんが先に寝たので、しばしゆう君との時間。

コップの件は、冷静に話し合って終わらせ、絵本を読んであげることに。
妹ちゃんが起きてたら出来ない工作も少し一緒にしたり。

ゆう君は、いつも通りニコニコ。


ゆう君を膝にのせて絵本を読んでたら、ゆう君が急に泣きそうな声でこう言いました。

「まま、妹ちゃんがケガしたの、ゆう君のせいやねん…」

位置的に、ゆう君が押したりはしてないと思ったけど、
なんでそう思うの?と私。

ゆう君は目に涙をためながら、こんなことを言ってくれた。

「ゆう君、たんぽぽ組さんの時に、妹ちゃんを守るって決めたのに守れなかった。妹ちゃん、お怪我してしまった…(;_;)」

たんぽぽ組さんというのは去年で、妹ちゃんが生まれた年。

あぁ。


妹ちゃんが血を流す姿を見て、怖かったのは私だけじゃなかった。

心配でたまらなかったのは私だけじゃなかった。


なんで私は一言ゆう君に、大丈夫やしねと言ってあげなかったのか。。


小さいゆう君も、同じようにビックリして怖くて心配してたはずなのに。。


もちろんゆう君のせいなんかじゃないよ、妹ちゃんはお兄ちゃんが側にいてくれて安心してたよ、とか、
ゆう君をギューギューしながら言いました。。

それにしても、ゆう君はちゃんとお兄ちゃんとして妹ちゃんを自分が守ろうと思ってたなんて。


…(T_T)。


感受性が豊かな子で、優しい子に育ってくれて嬉しかった。

妹ちゃんのケガと、ゆう君の言葉で、いろんな想いがいりまじり、心が忙しい夜でした(^-^;

…まだ目が離せないな。。



20151001082810720.jpg


posted by emi at 08:28| Comment(0) | ゆう君4才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「blogランキング」に参加しています。ゆう君を応援してください。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ にほんブログ村